顧問先事業主様からの質問

7年間にわたり間違って従業員に賞与を払い過ぎていました。
(1)払い過ぎた賞与の返還を求めることができますか?
(2)時効は何年ですか?

 

賃金規定・賞与規定の解釈に誤りがあり、従業員さんに対して、
本来の額より間違って多めに賃金・賞与を支払ってしまった場合でも、
もちろん、従業員さんに返還を求めることはできます。

但し、時効の問題が発生しますので注意が必要です。

過払い賃金の返還請求については、労働基準法に定めがありませんので、民法が適用されます。
この場合、不当利得の返還請求になりますので、時効は10年です。
よって、10年以内であれば、払い過ぎた賃金・賞与の返還を従業員さんに請求できます。

なお、従業員さんから会社に対しての
賃金請求権の時効は、2年
退職金請求権の時効は、5年

と、労働基準法に定められています。

払い過ぎた賞与を毎月の賃金と相殺して返済してもらっていいですか?

労働基準法24条には、賃金の全額払いの原則が定められています。
これは、賃金は、税金や社会保険料などの他は、勝手に給与から天引きしてはダメ。と言うものです。

よって、原則 払い過ぎた賞与と毎月の賃金を相殺してはダメです。

しかし、従業員が相殺に同意したならば相殺はできます。
これは相殺契約に当たり、契約の自由の原則が妥当するからです。

さらに、判例(福島県教祖事件)で、
賃金の過払いがあった時の過払い分による相殺は一定限度内ならば許される。
と言うのもあります。これを難しい言葉で、調整的相殺と言います。

まとめますと

原則:相殺禁止
例外1:相殺契約ならば許される
例外2:調整的相殺なら許される

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。 

就業規則につきましては、こちらをご覧下さい。

給料計算・勤怠管理業務につきましてはこちらをご覧下さい

会社設立も、お考えの方は、こちらをご覧下さい。

許認可申請は、こちらをご覧下さい

助成金申請については、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

会社設立 助成金申請 介護業 派遣業 建設業 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加