岐阜で助成金申請・会社設立に特化した事務所です

社団法人設立のよくある質問

社団法人設立のよくある質問

質問:1 一般社団法人を設立するメリットを教えてください

回答:1 一般社団法人設立のメリットは大きく以下の2つが考えられます

【一般社団法人のメリット1】

会員ビジネス・ライセンスビジネスに最適
「会員ビジネス」や「ライセンスビジネス」を考えているのなら、一般社団法人は最適な法人形態です。

会員ビジネスとは
例えば、「アマチュアカメラマン」を集めて、組織化し、会費を集め、その会費を主な収益源とするビジネスモデルが考えられます。
このとき、法人の名称を「一般社団法人日本アマチュアカメラマン協会」としておけば、会員も集めやすいと思います。

ライセンスビジネスとは
例えば、あなたが「一般社団法人全日本ヨガインストラクター協会」という名称の法人を設立するとします。
そして、その法人で、ヨガインストラクターの技術認定を行い、ライセンスを発行するのです。
例えば、「ヨガインストラクター3級」のように。
収益は、インストラクター試験を受けるために使う教科書や講習料、そして、ライセンスを発行するときに徴収するライセンス発行手数料です。

【一般社団法人のメリット2】 

法人税の優遇措置を受けられる場合がある

非営利型で一般社団法人を設立した場合、法人税の優遇措置を受けられることがあります。
非営利型の一般社団法人が国税庁が定める34の収益事業以外の事業から収益があった場合は、その収益に法人税が課税されません。
収益事業とされている以下の34の事業から生じた所得に対しては、法人税が課税されます。
ただし34の事業に該当する場合でも、個別に非課税事業として認められる場合もありますので、詳しくは最寄りの税務署にご相談ください。

収益目的34事業
1.物品販売業
2.不動産販売業
3.金銭貸付業
4.物品貸付業
5.不動産貸付業
6.製造業
7.通信業
8.運送業
9.倉庫業
10.請負業
11.印刷業
12.出版業
13.写真業
14.席貸業
15.旅館業
16.料理店業その他の飲食店業
17.周旋業
18.代理業
19.仲立業
20.問屋業
21.鉱業
22.土石採取業
23.浴場業
24.理容業
25.美容業
26.興行業
27.遊技所業
28.遊覧所業
29.医療保険業
30.技芸教授業
31.駐車場業
32.信用保証業
33.無体財産権の提供等を行う事業
34.労働者派遣業

岐阜助成金申請・社団法人設立代行特化型事務所

岐阜ひまわり事務所では、社団法人設立手続きだけでなく、
下記のサービスを行っております。

【助成金申請特化事務所】お気軽にお問い合わせください TEL 058-215-5077 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
岐阜県羽島郡岐南町上印食7−94−3

  • facebook
mail

メニュー

  • facebook
PAGETOP