顧問先事業主様からの質問

契約社員の離職票の書き方について教えてください

年度末を迎え、契約社員の方を雇止めするつもりです。その場合の離職票の書き方について教えてください。

離職票

離職票とは、雇用保険の失業手当(=基本手当)をもらうときに必要な書類で、退職後10日前後までに、退職した会社が退職従業員に渡すものです。

社員が退職したとき、会社側は退職の翌日から10日以内に、ハローワークに雇用保険の資格喪失の手続き義務があります。

離職票には、-1と-2の2種類があり、それぞれの内容は以下のようになっています。

離職票-1

失業手当(=基本手当)の、振込先金融機関を指定する用紙です。
通帳かキャッシュカードを持参して、事前に振込先の金融機関の窓口で、確認印をもらうのが原則です。

離職票-1のイメージ図はこちら

離職票-2

退職直前6カ月間の給料の金額と、退職した理由が記載されている用紙です。
(いずれも、会社側がハローワークへ提出した金額と退職理由です。)

離職票-2のイメージ図はこちら

離職区分

離職票-2に記載する離職区分によって、「所定給付⽇数」が決まったり、「給付制限」が有ったり無かったりします。
また、「喪失原因」によっては、会社が貰えるはずの助成金にも影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

契約社員の離職票

契約社員を雇止めする場合でも、離職票の発行を求められたら発行してあげなくてはなりません。
しかし、契約社員であっても雇用契約の内容により離職票の書き方が違ってきます。

以下、雇用契約の形態ごとの離職票の書き方についてチャート図にしましたのでご参考にしてください。
契約期間満了による離職理由

離職票の書き方についてのご相談は、岐阜ひまわり事務所まで

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。 

その他の岐阜・人事労務管理情報は、こちらをご覧ください

岐阜で就業規則を整備したいのなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で給料計算・勤怠管理業務をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で会社設立をお考えなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で許認可申請をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で助成金申請をしたいのなら、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

岐阜での会社設立・助成金申請・介護業独立開業支援・派遣業の独立開業支援
建設業独立開業支援に強い 岐阜ひまわり事務所

岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加