岐阜ひまわり事務所の助成金情報メール

このブログは、以前に岐阜ひまわり事務所が皆様にお知らせした、
岐阜ひまわり事務所の助成金情報メールの過去ログです。

最新の岐阜ひまわり事務所の助成金情報メールをご希望の方は、
岐阜ひまわり事務所までメール下さい。

平成28年2月16日 送信

いつもお世話になっております ひまわり事務所の井戸です。
第208号 ひまわり事務所の助成金情報メールを、
送らせていただきます。
今回は、介護事業者 定期昇給制度助成金についてです。

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから、
上手に利用しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

助成金情報
 ~ 介護事業者 定期昇給制度助成金 ~ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、日経電子版(2/14) からの引用です

厚生労働省は、従業員の賃金に定期昇給制度を導入した介護事業者に
対する助成金制度を4月に設ける。

制度を導入し、離職率が下がった事業所には最大で200万円を支給する。

介護事業者の4~5割には定昇制度がなく、職員は長く勤めても賃金が
上がりにくい。
年功に応じて賃金を上げる定昇を普及させ、人手不足が深刻な介護職員の
確保につなげる。

助成金は3段階に分けて支給する。
定昇制度を導入した時点でまず50万円。
1年後の離職率が下がっていれば60万円、
2年後に離職率が上がっていなければさらに90万円を渡す。

基準を満たす離職率の低下幅は事業者の従業員数で異なり、30~99人で7ポイント以上、
300人以上なら3ポイント以上の改善を求める。

厚労省は2016年度に2400事業所の利用を見込んでおり、財源として雇用保険特別会計から
12億円拠出する。
厚労省によると15年12月の介護サービスの有効求人倍率は3.08倍。
全職種平均の1.21倍を上回る。
離職率も高く、介護労働安定センターの調べでは14年度は16.5%に上った。
福祉施設介護員の現金給与総額は22万円と全産業平均よりも11万円少ない。
厚労省は低賃金が人材が集まらない大きな要因とみており、
年功に応じて賃金を上げる定昇制度の普及を後押しする。

行政書士法人ひまわりでは、詳細が決まり次第に
随時、情報提供いたします

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。
お気楽にお問い合わせください 

岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
配信元   ひまわり事務所
〒501-6001 羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
TEL 058-215-5077   FAX 058-215-5078
Mail    ido@gyosei.or.jp
URL    http://ido.gyosei.or.jp/
過去の助成金情報 http://ido.gyosei.or.jp/kakorogu28.html

配信停止は上記へメールしてください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

このエントリーをはてなブックマークに追加