今回は、契約社員に職業訓練を行う事業主に支給される、人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)をご紹介します。

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の概要

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)とは、有期契約労働者等に対して職業訓練を行う事業主に対して支給されるものであり、有期契約労働者等の職業能力開発を通じたキャリアアップを目的としています。

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の対象となる措置

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の対象となる職業訓練とは、以下を言います。

① 一般職業訓練(Off-JT)

 
育児休業中訓練、中長期的キャリア形成訓練を含みます

② 有期実習型訓練

「ジョブカードを活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6ヶ月の職業訓練

③ 中小企業等担い手育成訓練

業界団体を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた最大3年の職業訓練

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の対象となる労働者

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の対象となる労働者は以下の人達です。
・ 正規社員ではないこと
・ 訓練の修了日又は申請時に雇用保険被保険者であることなど

上記①~③の対象となる措置によって対象労働者の条件が変わります。

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の支給額 

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の支給額は以下の通りです

Off-JT分の賃金助成

 
1人1時間当たり760円

Off-JT分の経費助成

訓練内容・訓練時間により10万円~50万円

OJT分の実施助成

1人1時間当たり760円

1年度1事業所当たりの支給限度額は1000万円です。

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の申請の流れ

① 訓練開始日から1ヵ月前までに訓練計画書を労働局長に提出

② 訓練開始
(訓練開始から1ヵ月以内に「開始届」提出する場合あり)

③ 訓練終了日の翌日から2ヶ月以内に申請

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の詳細は、
ひまわり事務所 社会保険労務士の長谷部まで

岐阜ひまわり事務所では、
会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで、御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。

岐阜で助成金を受給しつつ独立起業される方は、
岐阜ひまわり事務所まで

会社設立後の助成金情報一覧表は、こちらから

お気楽にお問い合わせください

会社設立 介護業 派遣業 建設業などの許可申請代行 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加