時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

働き方改革の実現を目的とした助成金に、時間外労働等改善助成金があります。

この時間外労働等改善助成金には、
 
① テレワークコース
② 時間外労働上限設定コース
③ 職場意識改善コース
④ 団体推進コース
⑤ 勤務間インターバル導入コース

の5コースがあります。

5コースの内、今回は、

① テレワークコース

をご紹介します。

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の概要

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)とは、
在宅またはサテライトオフィスにおいて就業する所謂「テレワーク」に取り組む中小企業事業主に支給される助成金です。

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)を受給するには、
事業実施計画書において、成果目標を作成し、支給対象となる取り組みを実施する必要があります。

以下、成果目標と、支給対象となる取り組みについてご説明します。

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の対象となる取り組み

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)を受給するためには、以下の①~⑤のいずれか一つの取り組みをしなければなりません。
① テレワーク用通信機器の導入・運用
但し、パソコン・タブレット等の購入費用は対象外になります

② 就業規則・労使協定等の作成・変更
例えばテレワーク勤務に関する規定を整備するなど

③ 労務管理担当者に対する研修

④ 労働者に対する研修、周知・啓発

⑤ 外部専門家(社会保険労務士など)による導入のためのコンサルティング

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の対象となる取り組みにおける成果目標

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)を受給するための事業実施計画書に記載する成果目標は、以下のようになります。

なお、成果目標の達成状況に応じて支給額が変わります。

① 評価期間に1回以上、対象労働者全員に、在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる

② 評価期間において、対象労働者が在宅またはサテライトオフィスにおいてテレワークを実施した日数の週間平均を、1日以上とする

③ 年次有給休暇の取得促進について、労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数を前年と比較して4日以上増加させる又は所定外労働の削減について、労働者の月間平均所定外労働時間数を前年と比較して5時間以上削減させる

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の支給額

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の支給額は、以下のようになります。

成果目標達成の場合

対象となる取り組みの実施費用のうちの経費の4分の3
但し、1企業あたり150万円限度

成果目標未達成の場合

対象となる取り組みの実施費用のうちの経費の2分の1
但し、1企業あたり100万円限度

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の締切り

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)を受給するのには締切りがあります。

事業実施計画書などの添付書類と「交付申請書」の提出期限

令和1年12月2日まで

支給申請の提出期限

令和2年2月末日まで

 

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)の詳細は、
ひまわり事務所 助成金申請課 長谷部まで

岐阜ひまわり事務所では、

会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで、御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。

岐阜で助成金を受給しつつ独立起業される方は、岐阜ひまわり事務所まで

 

会社設立後の助成金情報一覧表は、こちらから

 

お気楽にお問い合わせください

会社設立 介護業 派遣業 建設業などの許可申請代行 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加