払いすぎた賃金 返還請求 給与計算 会社設立 岐阜 助成金申請
文責 黒川

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7

前回に引き続き、障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)を紹介します。

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)とは、障害者雇用障害特性に応じ
た雇用管理・雇用形態の見直しや柔軟な働き方の工夫等の措置を講じる事業主に対して助成するもので、障害者の雇用を促進するとともに、職場定着を図ることを目的としています。

職場定着支援計画の認定を受けた上で、対象労働者に対して、職場定着に係る措置を実施し、6ヵ月以上職場に定着させた場合に支給されます。

対象となる職場定着に係る措置は7種類あり、それぞれ対象労働者や助成金額が異なりますので、part1~part7まで7回に分けてご紹介していきます。

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7

対象となる職場定着に係る措置は7種類あり、それぞれ対象労働者や助成金額が異なりますので、part1~part7まで7回に分けてご紹介していきます。
今回は最終回となります。

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の概要

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7 とは、雇用する労働者に対して障害者の就労支援に関する知識を習得させる講習を受講させた事業主に支給されます。

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の対象となる社内理解促進のための措置

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7 は、次の①と②の両方に該当する講習を申請事業主の雇用する労働者に受講させることが条件です。
①講習時間が1回につき1時間以上
②障害に関する知識や、障害者の就労支援に関する知識を習得させるための講習、現
に雇用されている障害者の障害特性や配慮事項等の共有等のための講習、または外部
の期間が実施する障害者支援に関する講習

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の対象となる労働者

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7 の対象になる労働者は、これまでご紹介しましたpart1~part6のいずれかの措置の対象となる障害者を雇用する申請事業主に雇用される一般被保険者等です。

※就労継続支援A型事業所の利用者は対象となりません

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の支給額

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の受給額は、講習に要した対象経費のうち、要した経費に応じて3万円~12万円となります。
※part7単独での申請はできません。Part1~6のいずれかと組みあわせて職場定着支
援計画を作成し、他の措置について支給決定を受けていることが必要です。

障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7の詳細は、
ひまわり事務所 助成金申請課 長谷部まで
障障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7

岐阜ひまわり事務所では、

会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで、御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。

岐阜で助成金を受給しつつ独立起業される方は、岐阜ひまわり事務所まで

会社設立後の助成金情報一覧表は、こちらから

お気楽にお問い合わせください

会社設立 介護業 派遣業 建設業などの許可申請代行 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077
障害者雇用安定助成金(障害者職場安定支援コース)part7

このエントリーをはてなブックマークに追加