岐阜で助成金申請・会社設立に特化した事務所です

岐阜で古物商を始めたい方へ

1.古物とは

古物とは、古物一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、及びこれらのものに
幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。
そして、古物は、次の13品目に分類されています。

古物13品目

〇 美術品類
〇 衣類
〇 時計・宝飾
〇 自動車
〇 自動二輪車及び原動機付自転車
〇 自転車類
〇 写真機類
〇 事務機器類
〇 機械工具類
〇 道具類
〇 皮革・ゴム製品類
〇 書籍
〇 金券類
以上が古物13品目です

上記に当てはまる中古品の事を、イメージして頂ければ古物の意味も分かり易いと思います。
ですから、中古車販売業、リサイクル業、古本屋を始める場合は、後述の古物商許可が
必要になります。

2.古物商とは

上記「1.古物」の売買、交換をする営業を行うのには、都道府県公安委員会の古物商許可
得なければ営むことができません。

古物営業を営むため、公安委員会から古物商許可を受けた者を「古物商」といいます。

3.古物市場主とは

古物市場とは古物商間での古物の売買、交換するための市場をいいます。

古物市場の営業を営むため、公安委員会から古物市場主許可を受けた者を「古物市場主」といいます。

4.古物競りあっせん業とは

古物競りあっせん業(インターネット・オークション)とは、インターネットを利用して、
古物を売却しようとする者と買い受けようとする者との間でオークションが
行われるシステムを、提供する営業のことをいいます。

インターネット・オークションを営む者を「古物競りあっせん業者」といい、
公安委員会への届出が義務付けられています。

5.古物商・古物市場主の許可申請

古物商、古物市場主の許可は、営業所を管轄する公安委員会から取得することになります。

《古物商・古物市場主の許可申請 注意事項》 

〇 複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。
〇 古物商許可は、引き続き6ヶ月以上営業しない場合は、返納しなければなりません。
〇 許可取得後、申請時に届出た事項に変更が生じた場合は、届出が必要です。
〇 自宅で不要になった物品を、フリーマーケット等に参加して売却するだけであれば、
   古物商の許可は必要ありません。

岐阜ひまわり事務所では、 古物商の許可・古物市場主の許可・古物競りあっせん業の
届出申請を行っております。

次に、岐阜ひまわり事務所ができる、古物商業を始めるまでのサポート内容と、
古物商業の許可を取った後のサポート内容をご紹介いたします。

6.助成金が受給できる古物商業の許可流れ

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP1

これから古物商の会社を立ち上げる方は、
岐阜ひまわり事務所の会社設立担当者と打ち合わせをし、
その後に岐阜ひまわり事務所が、会社設立を代行します。

会社定款の目的欄に「古物商」を行う旨の記載がありませんと、
古物商の許可申請ができませんので注意が必要です。
また、将来的に古物商以外の事業を行う予定であるのなら、その旨の記載も
必要になってまいります。

会社設立につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP2

古物商の許可を申請するため、岐阜ひまわり事務所の古物商の許可申請の担当者
打ち合わせをします。
そして、岐阜ひまわり事務所が古物商の許可の申請を代行します。

古物商の許可が降りるのは、書類を提出してから概ね2か月程度かかります。
古物商許可が降りましたら、いざ古物商の開業です!
古物商開業後も岐阜ひまわり事務所では、御社古物商のサポートを致します。
以下、そのサポート内容です。

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP3

古物商新規開業者にとって、事業運営資金繰りは決して生易しいものではございません。
金融機関等からの融資も方法の一つですが、返済する義務のない助成金の活用も大切な事です。
ですので、
御社にとって一番受給しやすい助成金を、岐阜ひまわり事務所の助成金担当者と打ち合わせをし、
ターゲット助成金を決めます。

助成金は数多くあります。
年々廃止される助成金から新たに創設される助成金もあります。
岐阜ひまわり事務所では、最新の助成金情報を把握しております。
最新の助成金情報につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP4

古物商を行うにあたって、優秀な従業員の確保は最優先課題です。
優秀な従業員を雇用し、経営者と共に古物商を大きくしてゆきたいものです。

しかし、経営者と従業員側とでは利害が反する場合もあります。
また、中にはタチの悪い人物をそれとは知らずに雇用してしまい、
あとから苦労する経営者もいらっしゃいます。

ですので、古物商会社を防衛するための就業規則の作製が必要になってまいります。
また、助成金を受給するには、それ用の就業規則にする必要もあります。

岐阜ひまわり事務所では、
御社古物商を守るための就業規則、そして助成金を受給するための就業規則を、
岐阜ひまわり事務所の在籍社会保険労務士と打ち合わせをして作成してゆきます。

就業規則につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP5

助成金を受給するためには、適正な給与計算を行う必要があります。
適正な給与計算とは、残業代等が適正に支払われているか?は、もちろんの事ですが、
特に助成金受給で大切な点は、賃金規定(給与規定)に基づいて支払われているか?
が重要です。

ですので、助成金が受給できる適正な給与計算を行うために、
まず賃金規定(給与規定)を作成して、賃金規定(給与規定)に沿った給与計算
必要になります。

そのため岐阜ひまわり事務所の給与計算担当者と、賃金規定の打ち合わせをし、
その後に作成した賃金規定に沿った給与計算を岐阜ひまわり事務所の給与計算担当者
毎月代行します。

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP6

従業員さんを雇用したのならば、適正な人事労務管理等を行う必要があります。
適正な人事労務管理は、助成金受給のためにも必要不可欠です。

例えば、従業員を会社都合で退職させてしまいまうと、
助成金が貰えなくなります。

また、従業員さんとのトラブルを未然に避けるためにも適正な労務管理が必要になります。

そのため岐阜ひまわり事務所の在籍社会保険労務士が、助成金受給のため、
もしくは従業員さんとのトラブルを未然に防ぐためにも、適正な人事労務管理の
アドバイスをいたします。
適正な人事労務管理につきましては、こちらをご覧ください

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP7

優秀な従業員を雇用したのならば、福利厚生をより良く改善してあげないと、優秀な従業員ほど退職してしまします。
福利厚生をよくするとは、「賃金を上げてあげる」では短絡的過ぎます。
せめて、社会・労働保険だけ適切に加入させてあげたいものです。
また、社会・労働保険が適切に加入されていないと、助成金も受給できません
ので注意が必要です。
社会保険加入につきましては、こちらをご覧ください
労働保険加入につきましては、こちらをご覧ください

岐阜で古物商で独立・起業支援 STEP8

以上のように、岐阜ひまわり事務所に、古物商の許可申請はもちろんの事、開業後のサポートもお任せ下さい

7.古物商の報酬

古物商 業務報酬 古物商 顧問契約
ご締結の場合
古物商許可 40,000円 無料
古物市場主許可 40,000円 無料
古物競りあっせん業届出 40,000円 無料

 

【顧問契約】

岐阜ひまわり事務所では、御社のニーズに合ったプランをご提示させて頂いております。
上記のように【許可申請 単発契約】でも【必要な業務だけのセット契約】でも
ご自由にお申し付けください。

但し、助成金は、「社会・労働保険の適正な加入」や「合法的な労務管理」ができていませんと
受給できません。
よって、助成金申請は、弊社と【顧問契約】を結んでいただいた会社様に限らさせて頂いております。

【顧問契約】とは、会社設立~助成金申請~許可申請~労務管理~勤怠管理~給与計算を、
毎月の顧問料だけで行う、労使トラブルを防止し人事労務管理をトータルでサポートするプランです。

【顧問契約】のお見積もりを無料でご提案しますので、ご遠慮なくお問い合わせください 

岐阜ひまわり事務所では、
会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます

助成金情報一覧表は、こちらから

お気楽にお問い合わせください 

会社設立 介護業 派遣業 建設業などの許可申請代行に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

【助成金申請特化事務所】お気軽にお問い合わせください TEL 058-215-5077 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
岐阜県羽島郡岐南町上印食7−94−3

  • facebook
mail

メニュー

  • facebook
PAGETOP