岐阜で助成金申請・会社設立に特化した事務所です

岐阜で旅館業を始めたい方へ

1.旅館業の許可

旅館業を営もうとする者は、個人であっても法人であっても許可を受けなければなりません。
この旅館業許可には様々な許可要件が定められており、旅館業の営業できない地域や構造があります。

旅館業の申請先は、都道府県知事ですが、保健所のある市の場合、
その市長が旅館業の申請先となります。

また、次の時に旅館業の許可申請が必要となります。

旅館業の許可が必要な場合

〇 新築
〇 改築
〇 改装
〇 リニューアル
〇 増築
〇 買収
〇 売買
〇 相続

岐阜ひまわり事務所では、上記全ての旅館業許可申請を行っております。

旅館業に付随する申請

また、旅館業を営むためには、付随する次のような許可申請も必要な場合があります。
岐阜ひまわり事務所では旅館業の許可に限らず、各種許可申請も代行いたします
〇 政府登録ホテル申請
〇 飲食店営業許可
〇 美容院営業許可
〇 簡易専用水道届出
〇 タバコ販売許可

2.旅館業の業種

旅館業は次の4つに分類されます。

旅館業 ホテル営業

旅館業 ホテル営業とは、洋式の構造及び設備を主とする施設を儲け、宿泊料を受けて、
人を宿泊させる営業で、簡易宿所及び下宿営業以外のもの

旅館業 旅館営業

旅館業 旅館営業とは、和式の構造及び設備を主とする施設を儲け、宿泊料を受けて、
人を宿泊させる営業で、簡易宿所及び下宿営業以外のもの

旅館業 簡易宿所営業

旅館業 簡易宿所営業とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造及び設備を主とする施設を儲け、
宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のもの

旅館業 下宿営業

旅館業 下宿営業とは、施設を設け、1月以上の期間を単位とする宿泊料を受けて、
人を宿泊させる営業をいう。

3.旅館業の営業例

次の営業をする場合は、旅館業の許可が必要です。
・ シティホテル
・ ビジネスホテル
・ カプセルホテル
・ ウィークリィマンション
・ ラブホテル
・ 温泉旅館
・ 料理旅館
・ ペンション
・ 民宿
次に、岐阜ひまわり事務所ができる、旅館業を始めるまでのサポート内容と、
旅館業の許可を取った後のサポート内容をご紹介いたします。

4.助成金が受給できる旅館業の許可流れ

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP1

これから旅館業の会社を立ち上げる方は、
岐阜ひまわり事務所の会社設立担当者と打ち合わせをし、
その後に岐阜ひまわり事務所が、会社設立を代行します。

会社定款の目的欄に「旅館業」を行う旨の記載がありませんと、
旅館業の許可申請ができませんので注意が必要です。
また、将来的に旅館業以外の事業を行う予定であるのなら、その旨の記載も
必要になってまいります。

会社設立につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP2

旅館業の許可を申請するため、岐阜ひまわり事務所の旅館業の許可申請の担当者と打ち合わせをします。
そして、岐阜ひまわり事務所が旅館業の許可の申請を代行します。

旅館業の許可が降りるのは、書類を提出してから概ね2か月程度かかります。
旅館業許可が降りましたら、いざ旅館業の開業です!
旅館業開業後も岐阜ひまわり事務所では、御社のサポートを致します。
以下、旅館業開業後のサポート内容です。

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP3

旅館業新規開業者にとって、事業運営資金繰りは決して生易しいものではございません。
金融機関等からの融資も方法の一つですが、返済する義務のない助成金の活用も大切な事です。
ですので、
御社にとって一番受給しやすい助成金を、岐阜ひまわり事務所の助成金担当者と打ち合わせをし、
ターゲット助成金を決めます。

助成金は数多くあります。
年々廃止される助成金から新たに創設される助成金もあります。
岐阜ひまわり事務所では、最新の助成金情報を把握しております。
最新の助成金情報につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP4

旅館業を行うにあたって、優秀な従業員の確保は最優先課題です。
優秀な従業員を雇用し、経営者と共に旅館業を大きくしてゆきたいものです。

しかし、経営者と従業員側とでは利害が反する場合もあります。
また、中にはタチの悪い人物をそれとは知らずに雇用してしまい、
あとから苦労する経営者もいらっしゃいます。

ですので、会社を防衛するための就業規則の作製が必要になってまいります。
また、助成金を受給するには、それ用の就業規則にする必要もあります。

岐阜ひまわり事務所では、
御社を守るための就業規則、そして助成金を受給するための就業規則を、
岐阜ひまわり事務所の在籍社会保険労務士と打ち合わせをして作成してゆきます。

就業規則につきましては、こちらをご参考にしてください

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP5

助成金を受給するためには、適正な給与計算を行う必要があります。
適正な給与計算とは、残業代等が適正に支払われているか?は、もちろんの事ですが、
特に助成金受給で大切な点は、賃金規定(給与規定)に基づいて支払われているか?
が重要です。

ですので、助成金が受給できる適正な給与計算を行うために、
まず賃金規定(給与規定)を作成して、賃金規定(給与規定)に沿った給与計算
必要になります。

そのため岐阜ひまわり事務所の給与計算担当者と、賃金規定の打ち合わせをし、
その後に作成した賃金規定に沿った給与計算を岐阜ひまわり事務所の給与計算担当者
毎月代行します。

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP6

従業員さんを雇用したのならば、適正な人事労務管理等を行う必要があります。
適正な人事労務管理は、助成金受給のためにも必要不可欠です。

例えば、従業員を会社都合で退職させてしまいまうと、
助成金が貰えなくなります。

また、従業員さんとのトラブルを未然に避けるためにも適正な労務管理が必要になります。

そのため岐阜ひまわり事務所の在籍社会保険労務士が、助成金受給のため、
もしくは従業員さんとのトラブルを未然に防ぐためにも、適正な人事労務管理の
アドバイスをいたします。
適正な人事労務管理につきましては、こちらをご覧ください

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP7

優秀な従業員を雇用したのならば、福利厚生をより良く改善してあげないと、優秀な従業員ほど退職してしまします。
福利厚生をよくするとは、「賃金を上げてあげる」では短絡的過ぎます。
せめて、社会・労働保険だけ適切に加入させてあげたいものです。
また、社会・労働保険が適切に加入されていないと、助成金も受給できません
ので注意が必要です。
社会保険加入につきましては、こちらをご覧ください
労働保険加入につきましては、こちらをご覧ください

岐阜で旅館業で独立・起業支援 STEP8

以上のように、岐阜ひまわり事務所に、旅館業の許可申請はもちろんの事、開業後のサポートもお任せ下さい

5.旅館業の報酬

旅館業 業務報酬 岐阜ひまわり事務所との旅館業
顧問契約ご締結の場合
旅館業の許可 300,000円 応相談
旅館業許可の各種変更届 20,000円 無料

 

 

【顧問契約】

岐阜ひまわり事務所では、御社のニーズに合ったプランをご提示させて頂いております。
上記のように【許可申請 単発契約】でも【必要な業務だけのセット契約】でも
ご自由にお申し付けください。

但し、助成金は、「社会・労働保険の適正な加入」や「合法的な労務管理」ができていませんと
受給できません。
よって、助成金申請は、弊社と【顧問契約】を結んでいただいた会社様に限らさせて頂いております。

【顧問契約】とは、会社設立~助成金申請~許可申請~労務管理~勤怠管理~給与計算を、
毎月の顧問料だけで行う、労使トラブルを防止し人事労務管理をトータルでサポートするプランです。

【顧問契約】のお見積もりを無料でご提案しますので、
ご遠慮なくお問い合わせください 

岐阜ひまわり事務所では、
会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます

助成金情報一覧表は、こちらから

お気楽にお問い合わせください 

会社設立 介護業 派遣業 建設業などの許可申請代行に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

【助成金申請特化事務所】お気軽にお問い合わせください TEL 058-215-5077 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
岐阜県羽島郡岐南町上印食7−94−3

  • facebook
mail

メニュー

  • facebook
PAGETOP