顧問先事業主様からの質問

試用期間後に本採用を拒否する場合の注意点は?

試用期間の法的な性格とは

試採用をした時点で、労働契約が成立します。
少し難しく補足しますと
「試用期間中は、使用者に労働者の不適格性を理由とする解約権が大幅に留保されている」
と言えます。
だからと言って無条件に本採用を拒否できるわけではありません。

本採用拒否はどのようなときにできるか?

判例によりますと、
「試用期間を設けた趣旨・目的に照らして、客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当と認められる場合でなければ本採用拒否はできない。」(三菱樹脂事件)
としています。

一般的に言うのであれば、
採用内定の段階で見極められなかった重大な解雇理由が存在することが証拠により明確に裏付けられなければなりません。

また、学歴詐称や経歴詐称による本採用拒否は、
判例は分かれますが解雇を無効とするものが多いです。

さらに、業務不適格や勤務成績不良による本採用拒否は、
判例では、解雇回避努力義務との関連で、教育・研修の機会を設けるべきであり、即座の解雇は無効としています。
言い換えれば、教育・研修の機会を設けたが改善されなければ本採用を拒否できる。とも言えます。
その為には、どのような研修を行い、その結果どうなったかを記録しておく必要があります。

【試用期間について】は、こちらをご覧ください。
本採用を拒否するようなご相談は、岐阜ひまわり事務所まで

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。

その他の岐阜・人事労務管理情報は、こちらをご覧ください

岐阜で就業規則を整備したいのなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で給料計算・勤怠管理業務をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で会社設立をお考えなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で許認可申請をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で助成金申請をしたいのなら、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

岐阜での会社設立・助成金申請・介護業独立開業支援・派遣業の独立開業支援
建設業独立開業支援に強い 岐阜ひまわり事務所

岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加