顧問先事業主様からの質問

退職予定者のボーナスを減額することは許されますか?

判例では、
退職予定と言うことを考慮して賞与を低くするとしても、それは2割程度にとどめるべきであり、
それを超えて低く抑えることは公序良俗に違反して無効。
退職の自由が制約される期間が半月程度でなければならない。これ以上、先に退職することを予定している者については、賞与額を低くすることは問題がある。
(ベネッセコーポレーション事件 東京地判平8.6.28) 
すなわち、ボーナス支給日から半月以内に退職する者に対して2割程度の減額をすることは許される。
と判例はしています。

ボーナス支給についてのご不明な点は、ひまわり事務所にお尋ねください

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。 

その他の人事労務管理情報は、こちらをご覧ください

就業規則につきましては、こちらをご覧下さい。

給料計算・勤怠管理業務につきましてはこちらをご覧下さい

会社設立も、お考えの方は、こちらをご覧下さい。

許認可申請は、こちらをご覧下さい

助成金申請については、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

会社設立 助成金申請 介護業 派遣業 建設業 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加