顧問先事業主様からの質問

【高齢受給者証】とは何ですか?

【高齢受給者証】とは

70歳になると、75歳までの間、協会けんぽから 健康保険高齢受給者証が交付されます。

これは病院窓口での自己負担割合を示す証明書で、所得の状況などにより、1~3割負担のいずれかが記載されています。

そのため、70歳以上の被保険者及び被扶養者の方は、医療機関等で受診されるとき、健康保険証とあわせて高齢受給者証を提示する必要があります。

高齢受給者証の交付

交付要件

【高齢受給者証】は、次の時に交付されます。
1.被保険者及び被扶養者が70歳になったとき
2.70歳以上の方が被保険者となったとき
3.70歳以上の方を被扶養者として認定したとき

交付時期

■ 交付要件1 の場合 :70歳の誕生月の下旬。
■ 交付要件2,3 の場合 :その都度交付。
※ 事業主様を経由して交付します。

一部負担金の割合

病院で診察を受けた場合、窓口で支払うお金を一部負担金と言います。
この一部負担金の額は、収入に応じて違ってきます。

高齢受給者証の一部負担金の割合は以下の表のとおりです。

該当者が70歳以上
被保険者
標準報酬月額が28万円未満 標準報酬月額が28万円以上
2割負担(※) 3割負担
該当者が70歳以上
被扶養者
被保険者が70歳未満 被保険者が70歳以上
被保険者の標準報酬
月額が28万円未満
被保険者の標準報酬
月額が28万円以上
2割負担(※) 2割負担(※) 3割負担

※誕生日が昭和19年4月1日以前の方は、特例措置により1割です。

高齢受給者証についてご不明な方は、岐阜ひまわり事務所まで

 

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。

その他の岐阜・人事労務管理情報は、こちらをご覧ください

岐阜で就業規則を整備したいのなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で給料計算・勤怠管理業務をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で会社設立をお考えなら、こちらをご覧下さい。

岐阜で許認可申請をしたいのなら、こちらをご覧下さい

岐阜で助成金申請をしたいのなら、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

岐阜での会社設立・助成金申請・介護業独立開業支援・派遣業の独立開業支援
建設業独立開業支援に強い 岐阜ひまわり事務所

岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加