顧問先事業主様からの質問 

出産予定日が3ヶ月後の女性従業員から、
「体調が芳しくないので今から産休を取りたい」
との申し出がありましたが、拒否する事はできますか?

出産を控えた又は出産後の女性労働者は、事業主に申請すれば、休業措置を受けることができます。
具体的には以下のようになります。

産前休業

出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から請求すれば取得できます。

産後休業 

出産の翌日から8週間は就業することができません。
ただし、産後6週間を経過後に本人が請求し、医師が認めた場合は就業することができます。
~労働基準法第65条より~

しかし、ご質問の内容は、出産予定日の6週間より前(この事例では3ヶ月前)に
休業の請求があった場合に、事業主には、何らかの義務が発生するか?です。

まず一義的に、就業規則の定めがどうなっているか?です。
就業規則の定めが、従業員から見て、
労働基準法より有利な定めがなされている場合は、就業規則の定めが優先します。

では、就業規則に何らの定めもされていなかった場合や、
就業規則の定めよりももっと早く産休が欲しい場合は、
どうなるのでしょうか?

その場合は、男女雇用機会均等法第13条が適用されます。

男女雇用機会均等法第13条 

男女雇用機会均等法第13条を簡単にご説明します。
「法律や就業規則の規定よりも、もっと早く休業するように」
と、主治医等から指導を受けた場合には、
事業主は休業の措置をとらなければならない。

すなわち、お医者さんから妊婦さんを、「休ませなさい」「勤務時間を短くさせなさい」
等の指示を受けたら、その指示に従わなければならないのです。

ですのでご質問の回答ですが、
もし主治医から休業の指示を受けたならば、
たとえ出産予定日が3ヶ月後でも産休を取らせてあげないといけません。

但し、この休業は有給でも無給でも構いませんが、産休の請求があったことを理由に
解雇など従業員さんに不利益な取り扱いはしてはいけません。

なお、主治医等からの指導事項を会社に的確に伝えるためには、
「母性健康管理指導事項連絡カード」を利用することが効果的です。

岐阜ひまわり事務所では、会社設立から助成金申請・許可申請・給与計算・労務管理まで
御社の総務・人事部門を担当し経費節減にご協力できます。 

就業規則につきましては、こちらをご覧下さい。

給料計算・勤怠管理業務につきましてはこちらをご覧下さい

会社設立も、お考えの方は、こちらをご覧下さい。

許認可申請は、こちらをご覧下さい

助成金申請については、こちらをご覧ください

お気楽にお問い合わせください

会社設立 助成金申請 介護業 派遣業 建設業 に強い 岐阜ひまわり事務所
岐阜県羽島郡岐南町上印食7丁目94番地の3
電話 058-215-5077

このエントリーをはてなブックマークに追加